無料ブログはココログ

印刷・CDプレス

トップページ | 2006年5月 »

2006年4月26日 (水)

The Black Waltz

Kalmah_4th フィンランドのメロデスバンドのKalmahの4thです。

久々に良いアルバム買いましたよ~。マジでこのアルバムすんごい良いですよ。カルマのアルバムの中で一番良いのではないでしょうか。

良い点を箇条書きにしてみます。

・以前に比べて疾走チューンが増えた。(12曲中9曲疾走)

・ザクザクした切れの良いリフ。

・今までどおりかっこいいギターソロも健在。keyも乱入することもしばしば。

・音圧等のクオリティの向上。

・最近のメロデスにありがちなただザクザクしているだけでなく、ストリングスやキラキラkeyもたくさん取り入れている。

などなど、とにかく良い事づくしです。

いままでKalmahのアルバム聞いてた人は買いましょう!Kalmahの曲聞いたことない人も買いましょう!メロデス好きなら買いましょう!

メロデス好きな人には自信をもっておすすめできる傑作です。

2006年4月16日 (日)

Sign Of The Winner

Heavenly_2nd

フランスのメロスピバンドHEAVENLYの2ndアルバムです。

このアルバム全編、ストリングス、クワイア、キラキラkey、盛りだくさんでさらにそのほとんどが疾走曲と自分のツボを刺激する曲ばかりです。マジで捨て曲ないっす。

クサクサのメロにかっこいいギター&keyソロなんて完璧ではないですか。

このバンドは巷ではパクリパクリと言われていますが、そんなことはどーでもよいのです。

クサメタラーやDARK MOORなんかが好きな人は必聴の一枚です。聴かなきゃ損ですよ~

2006年4月13日 (木)

Far From Heaven

Axenstar_2nd

スウェーデンのメロスピバンドAxenstarの2ndアルバムです。

このアルバムそこまで評価高くないみたいですが、自分はこのバンドかなり好きなので評価高いです。1stも3rdも好きなんですが2ndがいちばん好きなので聞いたことない人にはまずこのアルバムをおすすめします。

まず最初のイントロ曲、美旋律で「おっ。いいね~」と思いながら次の曲が始まった瞬間、悶絶です。「キターーー。こーゆーのを待っていたのだよ。」ってな感じです。本作、自分の中で一番のキラーチューン「Infernal Angel」リフがモロにツボでした。このリフ、間違いなくいままで聞いてきたメタルアルバムの好きなリフBEST5には入ります。メロディも気に入っています。

さらに続くスピードチューン「Blind Leading The Blind」「Don't Hide Your Eyes」「Far From Heaven」の3連発はもうたまりませんね。

その後、ミドルテンポの曲を挟んでまたまたスピードチューンの「Blackout」メロディアスでよかったです。

Voの声質がややまったりしているのが少し気になるかもしれませんが、まあ自分はそんなことは気にしないです。

ただアルバム全体通して聞くと、やや似たような感じの曲が多いかなと感じました。

2006年4月12日 (水)

Reign Of Elements

Celesty_1st

フィンランドのメロスピバンドCELESTYの1stアルバムです。

このアルバムもよくSONATA系といわれていますがSONATAとはちと違うような気もします。

ブレス系の楽器が普通の北欧メタルより多く使われているのでエピックメタル的な部分が多々あります。歌詞のコンセプトもファンタジーなものですし。

ストリングスとブレスがうまく混ざっているので北欧メタル、エピックメタル好きな人にお勧めです。最初から最後までほとんど疾走曲でキーボードとギターのソロバトルも多かったので、とても満足できました。

お気に入りの曲は「The Sword And The Shield」です。リフの部分のキラキラはツボでした。自分はリフが良ければメロディが多少弱くてもおかまいなし、というところがけっこーあるので・・・。

ちなみにSONATAのヤニもゲストで参加しているようです。

2006年4月 4日 (火)

Beyond Reality

不定期的に自分のおすすめするメタルアルバムを紹介していきたいと思います。

今回紹介するアルバムはDreamTaleのBeyond Realityというアルバムです。

Dreamtale_1st このアルバムはフィンランド出身のDreamTaleの1stアルバムです。曲の雰囲気はSonata系です。

インストゥルメントのThe Dawn から始まります。このインスト曲今のところすべてのメタルアルバムの中のインスト曲のなかで一番好きです。ピアノから始まり美しい旋律で進んでいき、徐々にバッキングやストリングスなどが加わっていきます。2:03秒から展開する泣きのメロディは鳥肌ものです。この曲を聞いた時点で何かすごいものが来る予感がします。

そして次のスピードチューンMemories Of Timeはなんとリフのメロディが前曲のThe Downと同じではないですか!

さらに続くキラキラ疾走曲 Refuge From Reality 悶絶ものです。この曲のリフほんとに好きです。キラキラ具合がもうたまらんのです。

この時点でもう大満足ですが次々と自分のツボを刺激するキラキラ曲が続きます。

そしてこのアルバム一番のお気に入り曲、Call Of The Wild へと続きます。もうこの曲は展開、メロディ、キラキラ疾走、ともう自分のなかでは完璧な曲です。

いやぁもうこんなすばらしいアルバムこのさき出会えるのか?って思うくらいすばらしいアルバムです。ソナタ系好きな人はぜひぜひ聞いてみてください。

トップページ | 2006年5月 »